テラリウム製作・資材販売   ATERA

(株)アテラリサーチ 営業時間 13:00~17:00 (毎週木曜、定休。イベント・メンテナンス業務時等、稀に不定休) 

0000290209.jpg

HOME ≫ 新着情報 ≫

新着情報
*お支払いは現金のみでお願いしております。すみません*

10/21(木)は通常通り、13:00~17:00で営業させていただきます。

10/21(木)は通常通り、13:00~17:00で営業させていただきます。

*コロナ自粛中の溜まったメンテナンス業務遂行のため、しばらくの間、臨時休業が多くなります。出来うる限り、定休日返上で営業させていただきます*

よろしくおねがいいたします。

しばらくの間、オーダーメイドテラリウムの製作を取りやめさせていただきます。

しばらくの間、オーダーメイドテラリウムの製作を取りやめさせていただきます。

コロナが流行って以来、一人で店を切り盛りしてきましたが、少々オーバーワーク気味でした。しばらくの間、オーダーメイドテラリウムの製作を休止、お店の充実に専念させていただこうと思います。

よろしくお願いいたします。

近所にコインパーキングあります。

駐車場地図
近所にコインパーキングあります。早稲田通りを渡った対岸に有り、徒歩30秒程、収容台数も11台と大変便利です。金額は、最長1日定額¥1,200-とリーズナブルです。

ご利用くださいますようお願い致します。

10/21 苔・シダ在庫情報

DSCF0745

10/21 現在、在庫のコケ(写真を参考になさってください。)
上段左から、1.アラハシラガゴケ  2.シッポゴケ  3.ヒノキゴケ 4.スギゴケ 5.コスギゴケ
下段左から、6.スナゴケ  7,コツボゴケ  8.チョウチンゴケ  9.ハイゴケ  10.シノブゴケ  


◯コケの量り売り 1パック ¥820-

 

1.アラハシラガゴケ(4パック分在庫。)

2.シッポゴケ(2パック分在庫。)

3
.ヒノキゴケ(2パック分在庫)

4.スギゴケ(1,5パック分在庫。)

5.コスギゴケ(1,5パック分在庫。朔がたくさん出ています。)

6.スナゴケ(3パック分在庫。)

7.コツボゴケ(3パック分在庫。)

8.チョウチンゴケ(2パック分在庫。)


9.ハイゴケ(3パック分在庫。)

10.シノブゴケ(3パック分在庫。)

 

(1パックに何種類でも敷き詰めて¥820-です。)

*1パック:約16×9センチの食品用パックとなります。*


◯コケ・ミニパック売り
1.コウヤノマンネングサ
 3本パック(フタ付きカップ、3本入り+子株2〜3本おまけ付)
  1パック ¥460-(7パック在庫。)

 

2,クジャクゴケ(ファームより仕入 フタ付き9㎝パック) 1パック ¥410-(しばらく欠品します。)

  
3,カサゴケ 1パック ¥330-(11パック在庫)

*直径8センチの蓋付カップ入*

 

4,オオミズゴケ(ファーム栽培品 フタ付き7㎝パック入り) 1パック ¥310-(2パック在庫)

 

5,ヒメホウオウゴケ(4パック在庫。) 1パック ¥360-
*直径8センチの蓋付カップ入*

6.アオギヌゴケ (直径8㎝カップ入り  ¥220- 2カップ在庫)

7.ネズミノオゴケ(直径8㎝カップ入り  ¥220- 2カップ在庫)

8.ムチゴケ(直径8㎝カップ入り  ¥220- 2カップ在庫)

 



動画「苔。」
↑上記タイトルをクリックすると動画をご覧になれます。よろしくお願いいたします。

 

 

 

10/21  現在の在庫シダ

1.黄金シダ 1pot ¥330-(残り1pot)

 

2,トキワシノブ・Mイズ   1pot ¥550-(5pot在庫)
 トキワシノブ・Sサイズ 1pot ¥330-(5pot在庫)

 

3,イノモトソウ  1pot ¥220-(2pot在庫)

4,カタヒバ(S) 1POT ¥210-(残り1pot)

5.モウコヒトツバ(S) 1pot ¥180-(3pot在庫)

6,ベニシダ 1pot ¥330-(3pot在庫)

7,ノキシノブ 1pot ¥440-(9pot在庫 背は4~5㎝です。)



◯シダ・パック売り
1. ヒメマメヅタ 1パック ¥210-(3パック在庫)
*直径8センチの蓋付カップ入*

2,レインボーファン 1パック ¥160-(長さ5㎝程度・3~4本です。6パック在庫)

3.コケシノブ
(直径8㎝カップ入り  ¥220- 3パック在庫)


動画「羊歯(シダ)。」
↑上記タイトルをクリックすると動画をご覧になれます。よろしくお願いいたします。

10/16 動画 ATERA店員の週末日記 10月16日号 「イイじゃん! ¥2,000-LEDライト」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0291
10/16 動画 ATERA店員の週末日記 10月16日号 「イイじゃん! ¥2,000-LEDライト」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 10月16日号 「イイじゃん! ¥2,000-LEDライト」

10/17に浅草で開催の生き物マーケット、「アクアリウムバス」の資材が、4tトラックで大量に届き、大混乱の当店です。今回は、7月にご紹介しました、リーズナブルな植物育成LED照明のその後の様子をササっとご覧いただければと思います。少し雑な動画の出来栄えです。すみません。

10/9 動画 ATERA店員の週末日記 「モミジの室内育成」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0511
10/9 動画 ATERA店員の週末日記 「モミジの室内育成」をYouTubeにアップロードしました。

10/9 動画 ATERA店員の週末日記 「モミジの室内育成」

8/26にアップロードした、モミジの室内育成実験の続報です。自然光と植物育成LEDによる、モミジの成長比較を開始して1ヶ月。顕著な差が成長具合に表れていたところ、先日の地震で棚の上の植物が落下!、破損したしまいました。植え替えしなければなりませんので、根の成長具合の比較と、今後の方針を検証します。

10/8 ヒメホウオウゴケ入荷しました。1パック¥360-

DSCF0491
10/8 ヒメホウオウゴケ入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

○ヒメホウオウゴケ(7パック入荷 ¥360- ホウオウゴケ科・ホウオウゴケ属)
アジアに広く分布する、沢沿いの樹木の幹等、日陰の湿めった場所に活着していることの多い苔です。葉の丸い感じ、2㎝程度の葉の大きさ、葉の切れ込みが浅い等、小型で丸みを帯びた印象の小型のホウオウゴケ です。
育てる際は、蓋付きの容器に水捌けの良い用土(小粒の赤玉土、富士砂、桐生砂等)で植え、直射日光を避け、霧吹きで水分を絶やさずに与えます。
入荷状態は良好です。朔は出ていません。

10/8 カサゴケ3本入りパック入荷しました。1パック¥330-

DSCF0496
10/8 カサゴケ3本入りパック、入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

○カサゴケ(16パック入荷 1パック¥330- ハリガネゴケ科・カサゴケ属)
アジアに広く分布する、日陰の湿地にコロニーを作り生える苔です。似た種類のオオカサゴケとの違いは、葉縁のギザギザの数。オオカサゴケはギザギザが単性。カサゴケはギザギザが双生との事です。顕微鏡がないとわかりません。私見ですが、カサゴケの方が、オオカサゴケより大きくなるような気がします。状態は良好です。傘が2㎝くらいの、小さめのものが中心です。

10/5 トキワシノブ入荷しました。(M/Sサイズ)1pot M・¥550-
S・¥330-

DSCF0480
10/5 トキワシノブ M/Sサイズを各3ポット入荷しました。
背の高さは5~10㎝程度。気根が2~3本植えてあります。

価格は、Mサイズ1pot¥550-、Sサイズ1pot¥330-になります。

トキワシノブ (中国原産:シノブ科・キクシノブ属 常緑シダ)
アジア各地に広く自生するシダ。日陰〜半日陰の湿った樹木の幹、岩に着生します。
常緑性ですが、猛暑の時期に葉を落とす場合がありますので、直射日光を避けた涼しい場所で育ててください。テラリウムに使用する際は、ミズゴケに巻いて、岩、流木に結びつけます。赤玉土・桐生砂等、水はけの良い用土で植える事も出来ます。

10/2 「アナアキ・ボトルとアナアキ・ガラスフタの使い方。動画説明書」を、YouTubeにアップロードしました。

P1220906
10/2 「アナアキ・ボトルとアナアキ・ガラスフタの使い方。動画説明書」を、YouTubeにアップロードしました。

アナアキ・ボトルとアナアキ・ガラスフタの使い方。動画説明書

現在開発中の、樹木と苔の寄せ植えを楽しむテラリウム用ボトルと、ガラス蓋の説明動画が完成しました。
発売まではもうしばらく時間がかかりますが、動画だけ先行してご覧いただければと思います。
20分強の長い動画です。お暇を持て余している時にご覧いただければと思います。

9/26 アナアキ・ガラスフタ販売開始しました。

DSCF0458
9/26 アナアキ・ガラスフタ販売開始しました。
穴をあけたボトルテラリウム用のガラスフタです。
伸びすぎてしまったシダ、山野草、樹木の枝を穴から外に逃すことができます。

蓋の直径は70mm,80mm,90mm,100mmの4サイズ。穴の直径は18mmです。

90mm,100mmサイズに関しましては2つ穴タイプを製作しました。
穴の大きさは、直径18mmと12mmの2サイズを設定しております。
幹の細い植物には、小穴タイプをご使用ください。

サイズ、価格は以下の通りです。
アナアキ・ガラスフタ サイズ・価格表
(ストッパーゴム足×4、説明書付属)

1.70mm(18mm1穴) ¥1,090- 在庫3

2.80mm(18mm1穴) ¥1,090- 在庫3

3.90mm(18mm1穴) ¥1,100- 在庫3
4.90mm(18mm2穴) ¥1,600- 在庫3
5.90mm(12mm2穴) ¥1,600- 在庫2

6.100mm(18mm1穴) ¥1,210- 在庫3
7.100mm(18mm2穴) ¥1,760- 在庫3
8.100mm(12mm2穴) ¥1,760- 在庫2

完全手作りのため、在庫が少なめです。売り切れの際はご容赦ください。
詳しくはYouTube動画をご覧ください。

9月1日より時計皿(ガラス蓋)の価格を¥50-値上げさせていただきます。

DSCF3276
9/1より、時計皿(ガラス蓋)の価格を ¥50-値上げさせていただきます。
仕入れ価格の高騰のため、お客様にご迷惑をおかけいたしますことをお詫びいたします。
よろしくお願いいたします。

◉現在、取り扱いの時計皿
*ご使用予定の容器開口部の直径を確認の上、お買い求めください*

取扱中の時計皿のサイズと旧価格、9/1からの新価格は以下の通りです。

1.直径6㎝ 1枚 ¥210- → 新価格¥260-  24枚在庫
2.直径7㎝ 1枚 ¥210- → 新価格¥260- 21枚在庫
3.直径8㎝ 1枚 ¥210- → 新価格¥260-  14枚在庫
4.直径9㎝ 1枚 ¥270- → 価格据え置き ¥270-  15枚在庫
5.直径10㎝ 1枚 ¥300- → 価格据え置き¥300-  枚9在庫

上記5種類を取り扱っております。
その他のサイズの時計皿につきましては、魅力的な容器が新たに見つかりましたら増やしてゆこうと思っています。

常に在庫を心掛けておりますが、
品切れ時はご容赦ください。

よろしくお願いいたします。

9/25 蓋で保湿してもカビ難い、ボトルテラリウム向きなコケとシダ、導入しました。

DSCF0452
9/25 蓋で保湿してもカビ難いボトル向きなコケとシダ、導入しました。
2週間、蓋をして保湿実験しました。結果、カビず、綺麗な姿を保った4種類の植物です。(実験内容:1日2回、霧吹きで給水。給水時に換気。)
少々癖が強いものも混ざっております。ボトルテラリウムの脇役にいかがでしょうか?
価格:直径8㎝の蓋つきプラカップ入り、1カップ¥220- 各3パックずつ在庫

1.アオギヌゴケ  写真右下(アオギヌゴケ科アオギヌゴケ属)
明るめの日影の岩、地面にマット状に群生する苔。日本各地の山間で見られるポピュラーな苔です。

2.ムチゴケ  写真左下(ムチゴケ科ムチゴケ属)
日影の渓流沿いの湿った樹皮、腐葉土等、水はけの良い場所に地面に匍匐して生える苔。赤玉土、ソイル、富士砂、桐生砂等、型崩れし難い粒状の土で水はけ良く植えます。

3.コケシノブ  写真右上(コケシノブ科 シダ植物)
森の中、明るめ日影の樹皮、岩等に、苔と共に着生するシダ。土植えでは、根腐れしやすく、岩の上に苔とともに乗せて、水分を与えながら着生させます。
涼しく明るい日影を好みます。

4.ネズミノオゴケ  写真左上(アオギヌゴケ科 ネズミノオゴケ属)
渓流沿いの岩の上等、明るめの岩上に群生する苔。明るい緑色の小さな姿が、可愛らしいネズミの尾を連想させるため、つけられた名前だそうです。

今回、初導入の植物のため、お買い得価格で販売させていただきます。

9/25 コウヤノマンネングサ3本入りパック。5パック入荷しました。1パック¥460-

DSCF0445
9/25 コウヤノマンネングサ3本入りパック。5パック入荷しました。
子株が2本、おまけに付いています。
苔の状態は良好です。高さ3~5㎝程度の小型なものが中心です。

いつも通り、お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

◯コウヤノマンネングサ(5パック入荷 1パック¥460- コウヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属)

ボトル苔リウムの主役にピッタリ。ヤシの木を思い出させる、愛らしい姿の大型の苔です。直射日光を避け、霧吹きで朝晩に水分を与えて育てます。蓋付きの容器で湿度を調整しながら育てると、子株を出して増えますよ。

9/17 動画 ATERA店員の週末日記 9月18日号 「アナアキ・ガラスフタ、続報」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0334
9/17 動画 ATERA店員の週末日記 9月18日号 「アナアキ・ガラスフタ、続報」をYouTubeにアップロードしました。

9/17 動画 ATERA店員の週末日記 9月18日号 「アナアキ・ガラスフタ、続報」

PC不調で、1週間遅れのアップロードです。ボトルテラリウム用の、成長して、背の高くなった植物を容器の外に逃すための「穴」をあけたガラスフタ、アナアキ・ガラスフタの続報をお送りいたします。

9/11 ノキシノブ(常緑着生シダ)入荷しました。2号鉢入り¥440-

DSCF0318
ノキシノブ入荷しました。直径6㎝の鉢植えで、1pot¥440-。9ポット在庫。

背の高さは4~5㎝程度。小さな株を数株まとめて植えております。

ノキシノブ(ウラボシ科ノキシノブ属・常緑着生シダ植物)
木の幹、岩、建物の屋根等、半日影の明るめな場所に着生するシダ。赤玉土、桐生砂等、水はけの良い土で鉢植えも可能ですが、過剰な湿度は根が痛みますので注意が必要。土が乾き始めてから水を与えてください。
暑さ、寒さに耐える丈夫なシダですが、冬場は氷点下にならないように室内で育ててください。

葉が乾燥すると縮れて、やがて傷んでしまいます。冷暖房の風があたらないように注意してください。葉にキリフキで水分を与えると美しく育ちます。

9/4 ツヤゴケ入荷しました。計り売りコーナー、1パック¥820-(16×9㎝の食品パック)

DSCF0303
9/4 ツヤゴケを2パック分入荷しました。

長さは5㎝程度。匍匐して黄褐色のマット状に成長する苔です。
量り売り苔コーナーに入荷です。16×9㎝の食品パックに何種類選んでも1パック¥820-です。

1、ツヤゴケ:ツヤゴケ科・ツヤゴケ属 量り売り1パック ¥820-
先端を枝状に分岐させながらマット状に匍匐する苔。渓流沿いの岩、倒木の上等、湿潤な日影〜半日影にコロニーを作ります。空気中の水分は好みますが、密閉されると徒長しやすく、蓋付きの容器での育成時は、蓋を少し開けて、通気させると美しく育ちます。

9/4 動画 ATERA店員の週末日記 9月4日号「もうすぐ完成、穴あきガラス蓋」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0016
9/4 動画 ATERA店員の週末日記 9月4日号「もうすぐ完成、穴あきガラス蓋」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 9月4日号「もうすぐ完成、穴あきガラス蓋」

開発中の樹木を植えて楽しむボトル苔テラリウム。取扱説明書の撮影も終わり、最終的な準備段階に入りました。今回は、樹木の幹をガラス容器の外に導く重要な構成部品、穴あきガラス蓋の実験の様子をご紹介いたします。

8/29 今週の動画 ATERA店員の週末日記 8月28日号 「モミジのボトル育成、続報。」を、1日遅れでYouTubeにアップロードしました。

P1380184
8/29 今週の動画 ATERA店員の週末日記 8月28日号 「モミジのボトル育成、続報。」を、1日遅れでYouTubeにアップロードしました。

動画 ATERA店員の週末日記 8月28日号 「モミジのボトル育成、続報。」

今年の3月から継続中の、排水穴を開けたボトルで樹木を育てるプロジェクトの続報です。植えてから4ヶ月を迎えようとしているモミジボトルテラリウムですが、なかなか上手く育だちません。そんなモミジの途中経過を小まとめしてみました。

8/28 コウヤノマンネングサ3本入りパック。8パック入荷しました。1パック ¥460-

P1220909
8/27 コウヤノマンネングサ3本入りパック。8パック入荷しました。
子株が2本、おまけに入っています。
苔の状態は良好です。高さ3~5㎝程度の小型なものが中心です。

いつも通り、お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

◯コウヤノマンネングサ(8パック入荷 1パック¥460- コウヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属)

ボトル苔リウムの主役にピッタリ。ヤシの木を思い出させる、愛らしい姿の大型の苔です。直射日光を避け、霧吹きで朝晩に水分を与えて育てます。蓋付きの容器で湿度を調整しながら育てると、子株を出して増えますよ。

8/25 コスギゴケ、チョウチンゴケ、コツボゴケ入荷しました。

P1220774
8/25 コスギゴケ、チョウチンゴケ、コツボゴケ入荷しました。
*写真左がコスギゴケ、写真中央がチョウチンゴケ、写真左がコツボゴケです*

量り売り苔コーナーに入荷です。16×9㎝の食品パックに何種類選んでも1パック¥820-です。
今回入荷の個体は、状態にバラつきがあるため、状態の良い部分を少量ずつ販売させていただければと思っております。

1、コスギゴケ:スギゴケ科・スギゴケ属 計り売り2パック分入荷
高さ3~4㎝程度の、小さめなスギゴケの仲間。日陰〜半日陰の崖地、日向の河原等、多様な場所に群落を作ります。根が発達していて、根からも水分を吸収しているため、乾燥に比較的耐え、様々な生育条件に適応する苔と言われています。

2.チョウチンゴケ(チョウチンゴケ科ツルチョウチンゴケ属)計り売り2パック分入荷
半日影〜日陰で、涼しく湿度の高い条件を好みます。
チョウチンゴケと同じ科の苔。コツボゴケと異なる点は葉先の形。
コツボゴケは、葉先がギザギザなのに対し、チョウチンごけはツルッとした楕円形です。

3.コツボゴケ(チョウチンゴケ科ツルチョウチンゴケ属)計り売り2パック分入荷
半日影〜日陰で、涼しく湿度の高い条件を好みます。
涼しい部屋の直射日光の届かない明るめの場所で、蓋付きの容器で
育てれば、長期間、透明感のあるキャンディーグリーンを楽しめます。

8/21 動画 ATERA店員の週末日記 8月21日号 「窓辺の光、熱。減らす方法を色々試す。」をYouTubeにアップロードしました。

P1370513
8/21 動画 ATERA店員の週末日記 8月21日号 「窓辺の光、熱。減らす方法を色々試す。」をYouTubeにアップロードしました。

動画 ATERA店員の週末日記 8月21日号 「窓辺の光、熱。減らす方法を色々試す。」

残暑激しい折、窓辺で苔ボトルを育てる際に問題になるのが強すぎる光と温度です。今回は、レースのカーテン、自動車用の遮光フィルム等、身近な用品の効果を測定してみます。結果は散々でした。

8/15 動画 ATERA店員の週末日記 8月14日号 「蓋とカビ。好みと環境」をYouTubeにアップロードしました。

P1220249
8/15 動画 ATERA店員の週末日記 8月14日号 「蓋とカビ。好みと環境」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 8月14日号 「蓋とカビ。好みと環境」

初導入の苔2種類、フデゴケとフトリュウビゴケがカビました。カビ発生の現状と、今後の対策をご紹介いたします。有益な情報はあまりありません。暇を持て余しているときにちょうど良い感じの動画だと思います。

8/20 80mm苔育成ボトル欠品中です。(9/1より、一部の時計皿は¥50-値上げとなります。すみません。)

育成容器写真
8/20 長年ご愛顧いただいております、80mm苔育成ボトル(¥330-)80mmオーバルボトル(¥440-)が、長期欠品しております。廃盤の恐れが出て参りました。

しばらくは、上写真の各種育成容器を販売して参ります。

合わせて、時計皿(化学実験用ガラス皿)も各サイズも取り揃えております。
お手持ちの容器に合わせますと、お気に入りののガラス容器が苔育成容器に早変わりです。
あわせてご利用、ご検討お願い申し上げます。

8/7 動画 ATERA店員の週末日記 8月7日号 「真似るな、枯れます!」をYouTubeにアップロードしました。

スクリーンショット 2021-08-06 21.15.13
8/7 動画 ATERA店員の週末日記 8月7日号 「真似るな、枯れます!」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 8月7日号 「真似るな、枯れます!」

7/8に、失敗した小蝿撃退実験の後日談です。実験に使用した、小蝿の住み着いたスナゴケを廃棄する前に行った荒療治の模様です。無惨な結果になりますので絶対に真似をしないでください。

8/6 石化シノブ・Sサイズ入荷しました。 1pot ¥330-

P1220115
8/6 石化シノブ・Sサイズを5ポット入荷しました。
背の高さは5㎝程度。フサフサした小振の根が2~3本植えてあります。

価格は、1pot¥330-になります。

シノブ (日本原産:シノブ科・シノブ属 半常緑シダ)
日本各地に自生するシダ。日陰〜半日陰の湿った樹木の幹、岩に着生します。
モフモフと猫の手足のように、毛の生えた気根と、矮小化した小ぶりの葉が特徴です。常緑のトキワシノブと違い、真冬は葉を落として休眠します。猛暑の時期にも、葉を落とす場合がありますので、直射日光を避けた涼しい場所で育ててください。テラリウムに使用する際は、ミズゴケに巻いて、岩、流木に結びつけます。赤玉土・桐生砂等、水はけの良い用土で植える事も出来ます。

8/3 動画 ATERA店員の週末日記 7月31日号 「容器の汚れ予防策、決まりました!」を、3日遅れでアップロードしました。

スクリーンショット 2021-08-02 21.38.01
8/3 動画 ATERA店員の週末日記 7月31日号 「容器の汚れ予防策、決まりました!」を、3日遅れでアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 7月31日号 「容器の汚れ予防策、決まりました!」

アップロード3日遅れてしまいました。すみません。開発中のボトル樹木テラリウム(仮称)。懸念であった、容器壁面が緑色に汚れる問題の対策が決まりました。その検証の模様と方法をご覧いただければと思います。時間かけた割にはトホホな結論です!期待せずにご覧いただけるとありがたいです。

7/31 動画 ATERA店員の週末日記はお休みさせていただきます。

7/31 動画 ATERA店員の週末日記はお休みさせていただきます。
苔の販売準備に手間取り、動画を撮影できませんでした。
すみません。

店員

7/31 フデゴケ入荷しました。計り売りコーナで1パック分¥820-です。

P1360757
7/31 フデゴケを2パック分入荷してみました。
フデゴケの取り扱いは初めてになります。解説が伝聞口調になることをお詫びします。

背の高さは3~4㎝。状態はまずまずです。
量り売り苔コーナーに入荷です。16×9㎝の食品パックに何種類選んでも1パック¥820-です。

1、フデゴケ:シッポゴケ科・ツリバリゴケ属 量り売り1パック ¥820-
先端に葉を茂らす姿が、筆を連想させたのが名前の由来です。シッポゴケの仲間で、日向〜半日陰の岩上等、日当たりの良い場所に生えるそうです。空気中の水分は好みますが、密閉されるとカビやすく、蓋付きの容器での育成時は、蓋を少し開けて、通気させた方が良いらしいです。
日照も好むため、植物育成ライトを使用する事が望ましいそうですね。

伝聞ばかりですみません。

7/26 カサゴケ3本入りパック入荷しました。1パック330-

P1360707
7/26 カサゴケ3本入りパック、入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

○カサゴケ(7パック入荷 1パック¥330- ハリガネゴケ科・カサゴケ属)
アジアに広く分布する、日陰の湿地にコロニーを作り生える苔です。似た種類のオオカサゴケとの違いは、葉縁のギザギザの数。オオカサゴケはギザギザが単性。カサゴケはギザギザが双生との事です。顕微鏡がないとわかりません。私見ですが、カサゴケの方が、オオカサゴケより大きくなるような気がします。状態は良好です。傘が2㎝くらいの、小さめのものが中心です。

7/26 状態良好! コウヤノマンネングサ3本入りパックを入荷しました。

P1360712
7/26 コウヤノマンネングサ3本入りパックを入荷しました。
子株が2~3本、おまけに付いています。
苔の状態は良好です。高さ7㎝の大きめなものから、3㎝程度のものまで、バリエーションも豊富。入荷数は10パックです。

いつも通り、お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

◯コウヤノマンネングサ(10パック入荷 1パック¥460- コウヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属)

ボトル苔リウムの主役にピッタリ。ヤシの木を思い出させる、愛らしい姿の大型の苔です。直射日光を避け、霧吹きで朝晩に水分を与えて育てます。蓋付きの容器で湿度を調整しながら育てると、子株を出して増えますよ。

7/24 動画 ATERA店員の週末日記 7月24日号 「液体肥料と容器の汚れ」をYouTubeにアップロードしました。

P1360631
7/24 動画 ATERA店員の週末日記 7月24日号 「液体肥料と容器の汚れ」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 7月24日号 「液体肥料と容器の汚れ」

製作中の樹木ボトルテラリウム(仮名)。テストの様子の続報です。
容器表面の汚れを軽減するために、肥料を与える間隔を変更しました。その検証の様子をお送りいたします。

7/17 動画 ATERA店員の週末日記 7月17日号 「ボトル樹木テラリウム再開」をYouTubeにアップロードしました。

P1360508
7/17 動画 ATERA店員の週末日記 7月17日号 「ボトル樹木テラリウム再開」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 7月17日号 「ボトル樹木テラリウム再開」

いよいよ梅雨が明け、樹木の葉のしげる季節となりました。以前より時々ご覧いただいておりました、ボトル樹木テラリウム(仮名)。商品化に向けて最終調整に入ります。今回は、高価な植物育成LED照明と、通販サイトで格安に購入可能な植物用LEDを比較実験する第一回目です。

7/8 動画 ATERA店員の週末日記 7月10日号「天然ハーブの虫除け実験、続報。」を、YouTubeにアップロードしました。

DSCF7718
7/8 動画 ATERA店員の週末日記 7月10日号「天然ハーブの虫除け実験、続報。」を、YouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 7月10日号 「天然ハーブの虫除け実験、続報。」

先週の動画の続報です。虫除け効果のある乾燥ハーブを配合した用土を使用した苔育成実験に、急転直下の変化が現れました。今回は実験の経過と結論をおおくりいたします。

7/9 スギゴケ、久々入荷しました。

P1220099
7/9 スギゴケを少量ですが1,5パック分入荷しました。
背の高さは4㎝前後です。
量り売り苔コーナーに入荷です。16×9㎝の食品パックに何種類選んでも1パック¥820-です。

1、スギゴケ:スギゴケ科・スギゴケ属 量り売り1パック ¥820-
高さ5㎝以上に成長することもある、大型のスギゴケの仲間。日陰〜半日陰の崖地、日向の河原等、多様な場所に群落を作ります。根が発達していて、根からも水分を吸収しているため、乾燥に比較的耐え、様々な生育条件に適応する苔と言われています。

スギゴケは、粘土室の硬い土に植わっております。使用する分量を切り取り、根本を水で洗ってから、ご使用される用土(水はけの良い土)に植えてください。根は、短く切り詰めない方が、根付くのがはやい感じがします。朝晩軽くキリフキで水分を与えながら育ててください。

7/3 動画 ATERA店員の週末日記 7月3日号 「苔と山野草の花・共生実験最終回」を、YouTubeにアップロードしました。

DSCF7665
7/3 動画 ATERA店員の週末日記 7月3日号 「苔と山野草の花・共生実験最終回」を、YouTubeにアップロードしました。

7/3 動画 ATERA店員の週末日記 7月3日号 「苔と山野草の花・共生実験最終回」

今年の2月から取り組んで前りました、ボトル苔リウム内で、アッツザクラ、ヒメフウロソウ等、風通しを好む山野草に花を咲かせる実験の最終回です。評判のLED照明を導入した最終テストの結果は如何に!

お暇の折にご覧いただければ幸いです。

7/2 ベニシダ入荷しました。 1pot330-

DSCF7646
7/2 ベニシダ入荷しました。 1pot ¥330-。5pot在庫しています。

大きさの比較で、在庫のシダと並べて写真を撮ってみました。ご参考になさってください。(右端がベニシダです。)

ベニシダ オシダ科 オシダ属 常緑着生シダ アジア各地に自生

日影、空気中の湿度を好む常緑シダです。
背の高さは10㎝くらいです。葉が大きくなりますので、新芽が出ていれば、大きくなりすぎた葉を剪定して形を整えてください。
20キューブ水槽以上の大きさの水槽への植え付けをお勧めいたします。

6/26 動画、ATERA店員の週末日記 6月26日号 「LED実験② う〜ん、困った!」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF7599
6/26 動画、ATERA店員の週末日記 6月26日号「LED実験② う〜ん、困った!」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 6月26日号 「LED実験② う〜ん、困った!」

人気の高い植物育成LED、アマテラス20Wを使用した実験の続報です。通気性極悪なボトル苔テラリウム内で山野草の花を咲かす事は可能なのでしょうか?咲かなくても照明器具に責任は全くありません。私のやり方が悪いんです。納得ゆくまで検証する企画故、代わり映え無い内容が続きます事をお詫びいたします。

6/26 カサゴケ3本入りパック入荷しました。1パック330-

DSCF7563
6/26 カサゴケ3本入りパック、入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

○カサゴケ(15パック入荷 1パック¥330- ハリガネゴケ科・カサゴケ属)
アジアに広く分布する、日陰の湿地にコロニーを作り生える苔です。似た種類のオオカサゴケとの違いは、葉縁のギザギザの数。オオカサゴケはギザギザが単性。カサゴケはギザギザが双生との事です。顕微鏡がないとわかりません。私見ですが、カサゴケの方が、オオカサゴケより大きくなるような気がします。状態は良好です。傘は3㎝くらいで少し大きめです。

6/26 ヒメホウオウゴケ入荷しました。1パック¥360-

DSCF7560
6/26 ヒメホウオウゴケ入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

○ヒメホウオウゴケ(10パック入荷 ¥360- ホウオウゴケ科・ホウオウゴケ属)
アジアに広く分布する、沢沿いの樹木の幹等、日陰の湿めった場所に活着していることの多い苔です。葉の丸い感じ、2㎝程度の葉の大きさ、葉の切れ込みが浅い等、小型で丸みを帯びた印象の小型のホウオウゴケ です。
育てる際は、蓋付きの容器に水捌けの良い用土(小粒の赤玉土、富士砂、桐生砂等)で植え、直射日光を避け、霧吹きで水分を絶やさずに与えます。
入荷状態は良好です。朔は出ていません。

6/19 コスギゴケ、コツボゴケ、各2パック分入荷しました。

DSCF7554
6/19 コスギゴケ、コツボゴケ、各2パック分入荷しました。
*写真右がコスギゴケ。写真左がコツボゴケです*

量り売り苔コーナーに入荷です。16×9㎝の食品パックに何種類選んでも1パック¥820-です。
今回入荷の個体は、状態にバラつきがあるため、状態の良い部分を少量ずつ販売させていただければと思っております。

1、コスギゴケ:スギゴケ科・スギゴケ属  計り売り2パック分入荷
高さ3~4㎝程度の、小さめなスギゴケの仲間。日陰〜半日陰の崖地、日向の河原等、多様な場所に群落を作ります。根が発達していて、根からも水分を吸収しているため、乾燥に比較的耐え、様々な生育条件に適応する苔と言われています。

2.コツボゴケ(チョウチンゴケ科ツルチョウチンゴケ属)計り売り2パック分入荷
半日影〜日陰で、涼しく湿度の高い条件を好みます。
涼しい部屋の直射日光の届かない明るめの場所で、蓋付きの容器で
育てれば、長期間、透明感のあるキャンディーグリーンを楽しめます。

6/12 動画 ATERA店員の週末日記 6月12日号 「強力」LED照明、実験の続報①」を、YouTubeにアップロードしました。

DSCF7489
6/12 動画 ATERA店員の週末日記 6月12日号 「強力」LED照明、実験の続報①」を、YouTubeにアップロードしました。

動画 ATERA店員の週末日記 6月12日号 「強力」LED照明、実験の続報①」

2週間前から使用している、話題の植物育成LED、アマテラス20Wの続報です。ボトル苔テラリウムの中で山野草に花を咲かす実験は、全くうまく行きません。打開策を導き出すため、容器の保湿方法を改めます。

6/6 状態良好! コウヤノマンネングサ3本入りパックを入荷しました。

DSCF7482
6/6 コウヤノマンネングサ3本入りパックを入荷しました。
子株が2~3本、おまけに付いています。
苔の状態は良好です。3パック分、きれいに朔(胞子嚢)がでている個体もあります。高さ7㎝の大きめなものから、3㎝程度のものまで、バリエーションも豊富。入荷数も15パックと、当店にしては多めです。

いつも通り、お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

◯コウヤノマンネングサ(15パック入荷 1パック¥460- コウヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属)

ボトル苔リウムの主役にピッタリな大型の苔です。直射日光を避け、霧吹きで朝晩に水分を与えて育てます。蓋付きの容器で湿度を調整しながら育てると、子株を出して増えますよ。

6/4 動画 ATERA店員の週末日記 6月5日号 「苔と樹木、花の共生。3ヶ月目の様子。」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF7455 (1)
6/4 動画 ATERA店員の週末日記 6月5日号 「苔と樹木、花の共生。3ヶ月目の様子。」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 6月5日号 「苔と樹木、花の共生。3ヶ月目の様子。」

苔と樹木、花を咲かせる山野草の共生を目指し、ガラス容器の底に排水穴をあける実験を始めて3ヶ月経過しました。現状の育成状態の報告と、市販化へ向けた取り組みをお贈りいたします。

5/29 動画 ATERA店員の週末日記 5月29日号「ハーブで虫除け②、強力なLED導入!」を、YouTubeにアップロードしました。

DSCF7331
5/29 動画 ATERA店員の週末日記 5月29日号「ハーブで虫除け②、強力なLED導入!」を、YouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 5月29日号 「ハーブで虫除け②、強力なLED導入!」

ここの所、似たような実験の話題ばかりですみません。今回も似たような実験の話題です。料理用の乾燥ハーブを用土に混ぜ込み、虫除けをする実験の②です。トホホな内容です。その他、苔ボトルテラリウム内に山野草の花を咲かす実験に、強力な植物育成ライトを導入する様子をお送りいたします。

5/28 オオミズゴケ入荷しました。 1パック10本入り¥310-です。

DSCF7278
5/28 オオミズゴケ入荷しました。 1パック10本入り¥310-です。
ファームより取り寄せました新鮮で立派なオオミズゴケが10本、蓋付きプラカップに入っています。(写真左)
合わせて、5年前より自家栽培しているオオミズゴケも併売したします。(写真右側)育てているうちに段々と小さくなり、ご覧の大きさに落ち着きました。価格は同じく¥310-です。ボトルテラリウムのワンポイントに植えるにはちょうど良い大きさだと思います。

○オオミズゴケ ミズゴケ科 ミズゴケ属 冬場は赤く紅葉したりします。
湿地の周辺部に生える苔。水没させるのは苦手で、腰水程度で、日向〜半日影程度の明るい場所で育てます。用土はソイル、乾燥ミズゴケ等を使用しています。明るい場所で十分な水分を与えておけば、成長は容易です。長さ10~15㎝くらいにぐんぐん成長します。

5/22 動画 ATERA店員の週末日記 5月22日号 「土のテスト続報&小型LED照明」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF7207
5/22 動画 ATERA店員の週末日記 5月22日号 「土のテスト続報&小型LED照明」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 5月22日号 「土のテスト続報&小型LED照明」

今回も、植物育成の実験の様子です。植物に欠かせない栄養源として、腐葉土の配合が一般的ですが、腐葉土は虫、カビの発生の原因にもなります。腐葉土の代わりに、栄養系のソイルを用土に混ぜて使用する実験の続報。そして、ボトル苔テラリウムにぴったりの、小型LED照明を使ったら楽しかった。という2つの話題をお送りいたします。

5/17 ヒメマメヅタ入荷しました。 1パック¥210-

DSCF7201
2/26 ヒメマメヅタ入荷しました。1パック ¥210- / 8パック入荷

ボトルテラリウムの脇役にピッタリ。匍匐性の小型シダです。
直径8センチの蓋付きプラカップに入っています。
今回入荷の個体は、葉の長さが、1㎝くらい。大きめです。

ヒメマメヅタ:ウラボシ科・マメヅタ属の常緑シダ。
ランナーで、蔓上に連なって成長します。
マット状に密生しています。必要な分量をハサミ、手で外して、苔の上や石の上に密着させます。根が張るまではキリフキで水分を軽く与えてください。

5/17 クジャクゴケ入荷しました。1パック¥410-

DSCF7199
5/17 クジャクゴケ入荷しました。
直径9センチの蓋付きプラカップに、ご覧の分量が入っています。
ボトルアクアリウムのレイアウトに加えてみてはいかがですか?

1、クジャクゴケ:クジャクゴケ科・クジャクゴケ属 1パック ¥410-
湿度の高い、半日陰を好むコケ。クジャクの羽のように扇型に立ち上がって成長します。背の高さは2㎝程度と小型なので、レイアウトのアクセントにおすすめです。蓋付きの容器で、キリフキで湿度を与えながら育てます。夏の高温に弱いので、日向には置かないでください。

5/15 動画 ATERA店員の週末日記 5月15日号 「ハーブで苔の防虫①準備・成分抽出」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF7195
5/15 動画 ATERA店員の週末日記 5月15日号 「ハーブで苔の防虫①準備・成分抽出」をYouTubeにアップロードしました。

動画 ATERA店員の週末日記 5月15日号 「ハーブで苔の防虫①準備・成分抽出」

ゴールデンウィークに売り切ってしまった苔の入荷を待っている間、いつかやろうと思っていた実験に取り組もうと思います。今回は、天然ハーブ成分の防虫効果を検証する第一回。油、アルコールを使わずにハーブの成分を抽出する様子をお送りいたします。科学知識、皆無の私。間違った事をしていないかが、とっても心配です。
少々長い動画になってしまいました。すんごく暇な時にご覧いただければと思います。

店員

5/11 動画 ATERA店員の週末日記 5/12日号 「瓶底の穴、中間報告。」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF6939
5/11 動画 ATERA店員の週末日記 5/12日号 「瓶底の穴、中間報告。」をYouTubeにアップロードしました。

動画 ATERA店員の週末日記 5/12日号 「瓶底の穴、中間報告。」

ゴールデンウィーク中にアップロード予定でした動画を遅れて出させていただきます。

ボトル苔テラリウムの容器の底部分に穴を開け、排水性を高め、山野草や樹木を寄せ植えする実験の中間報告です。手垢のついた内容になりますが、次のステップに進むためのまとめです。お許しください。

お暇の折にご覧いただければ幸いです。

店員

5/11 カサゴケ入荷しました。

DSCF7032
5/11 カサゴケ入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

○カサゴケ(19パック入荷 1パック¥330- ハリガネゴケ科・カサゴケ属)
アジアに広く分布する、日陰の湿地にコロニーを作り生える苔です。似た種類のオオカサゴケとの違いは、葉縁のギザギザの数。オオカサゴケはギザギザが単性。カサゴケはギザギザが双生との事です。顕微鏡がないとわかりません。私見ですが、カサゴケの方が、オオカサゴケより大きくなるような気がします。状態は良好です。傘は3㎝くらいで少し大きめです。

5/11 ヒメホウオウゴケ入荷しました。

DSCF7035
5/11 ヒメホウオウゴケ入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

○ヒメホウオウゴケ(11パック入荷 ¥360- ホウオウゴケ科・ホウオウゴケ属)
アジアに広く分布する、沢沿いの樹木の幹等、日陰の湿めった場所に活着していることの多い苔です。葉の丸い感じ、2㎝程度の葉の大きさ、葉の切れ込みが浅い等、小型で丸みを帯びた印象の小型のホウオウゴケ です。
育てる際は、蓋付きの容器に水捌けの良い用土(小粒の赤玉土、富士砂、桐生砂等)で植え、直射日光を避け、霧吹きで水分を絶やさずに与えます。
入荷状態は良好。朔が多数出ていて楽しいです。

5/11 コウヤノマンネングサ3本入りパックを入荷しました。

DSCF7028
5/11 コウヤノマンネングサ3本入りパックを入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

◯コウヤノマンネングサ(6パック入荷 1パック¥460- コウヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属)

ボトル苔リウムの主役にピッタリな大型の苔です。直射日光を避け、霧吹きで朝晩に水分を与えて育てます。蓋付きの容器で湿度を調整しながら育てると、子株を出して増えますよ。今回の入荷状態も、前回同様で並。最高とは言い難い感じで乾燥気味。葉の開き切っていない、小さな個体が多い感じです。

5/8 今週の動画 ATERA店員の週末日記はお休みさせていただきます。

5/8 今週の動画 ATERA店員の週末日記はお休みさせていただきます。
商品の仕込みに時間がかかり、撮影できませんでした。すみません。

5/8 コスギゴケ、少量ですが1パック分入荷しました。計り売りコーナーで1パック¥820-

DSCF7009
5/8 コスギゴケ、少量1パック入荷しました。

量り売り苔コーナーに入荷です。16×9㎝の食品パックに何種類選んでも1パック¥820-です。
*写真右奥がコスギゴケ。少量入荷のため、タマゴケと同居しています*

今回入荷の個体は蒴は少なめ。少々地味な印象です。
乾燥に強いと言われている丈夫な苔です。オープンタイプのテラリウムのレイアウトにも適応するかもしれません。

1、コスギゴケ:スギゴケ科・スギゴケ属 量り売り1パック ¥820-
高さ3~4㎝程度の、小さめなスギゴケの仲間。日陰〜半日陰の崖地、日向の河原等、多様な場所に群落を作ります。根が発達していて、根からも水分を吸収しているため、乾燥に比較的耐え、様々な生育条件に適応する苔と言われています。

蓋の出来る容器に水はけの良い用土を入れ、朝晩軽くキリフキで水分を与えながら育ててください。

5/8 アラハシラガゴケ・ホソバオキナゴケ入荷しました。計り売りコーナーで1パック¥820-

DSCF6998
5/8 アラハシラガゴケ6パック分、ホソバオキナゴケ4パック分、入荷しました。苔の計り売りコーナーにて、16×9㎝の食品パックに詰めて¥820-です。

蓋のできる容器に植え、直射日光を避け、キリフキで適度な湿度を与えれば、美観を長く保つ事ができます。とても丈夫で育てやすい、美しい苔です。テラリウムのメインの苔としておすすめいたします。

○ホソバオキナゴケ(シラガゴケ科シラガゴケ属)4パック分在庫
ヤマゴケと呼ばれる事の多い、シラガゴケの仲間。葉が細くストレートで
繊細な印象の苔。

○アラハシラガゴケ(シラガゴケ科シラガゴケ属)6パック分在庫
同じくシラガゴケの仲間。葉が長めで縮れています。若干、荒々しい印象に仕上がります。

5/7 トキワシノブ・Sサイズ、入荷しました。

DSCF6993
5/7 トキワシノブ・Sサイズを10ポット入荷しました。
背の高さは5㎝程度。フサフサした小振の根が2本植えてあります。

価格は、1pot¥330-になります。

トキワシノブ (中国原産:シノブ科・キクシノブ属 常緑シダ)
中国原産のシダ。日陰〜半日陰の湿った樹木の幹、岩に着生します。テラリウムに使用する際は、ミズゴケに巻いて、岩、流木に結びつけます。赤玉土・桐生砂等、水はけの良い用土で植える事も出来ます。

5/7 ホソバオキナゴケ、少量ですが1,5パック入荷しました。計り売りコーナーで1パック¥820-

DSCF6990
5/7 ホソバオキナゴケ、少量ですが1,5パック分販売いたします。
苔の計り売りコーナーにて、16×9㎝の食品パックに詰めて¥820-です。

ボトルアクアリウムにぴったり。丈夫で美しい日影を好む苔です。
お客様のお宅のテラリウムメンテ用にストックしていたもので、状態は良好です。売り切れ多数のため、お出しいたします。お買い得ですよ。

蓋のできる容器で、直射日光を避け、朝晩、軽く霧吹きを
かけて水分補給するだけで長期間お楽しみいただけます。
育てやすくておすすめです。

○ホソバオキナゴケ(シラガゴケ科シラガゴケ属)1,5パック分在庫
いつも扱っておりますアラハシラガゴケの仲間。葉が細くストレートで
繊細な印象の苔。直射日光を避け、蓋が出来る容器でなら育成容易です。
カーペット状に美しく育ちます。

5/1 動画 ATERA店員の週末日記 5月1日号 「苔用土No.4 まもなくリニューアルです。」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF6900
5/1 動画 ATERA店員の週末日記 5月1日号 「苔用土No.4 まもなくリニューアルです。」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 5月1日号 「苔用土No.4 まもなくリニューアルです。」

当店オリジナルの苔育成用土セット、「苔育成ミニキット」に使用している、苔用土No.4の重要な資材、つぶつぶ腐葉土が製造を取りやめた様子です。今回は、代替の資材を探すテストの様子をお届けいたします。

4/26 ヒメホウオウゴケ入荷しました。

DSCF6810
4/26 ヒメホウオウゴケ再入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

○ヒメホウオウゴケ(10パック入荷 ¥360- ホウオウゴケ科・ホウオウゴケ属)
アジアに広く分布する、沢沿いの樹木の幹等、日陰の湿めった場所に活着していることの多い苔です。葉の丸い感じ、2㎝程度の葉の大きさ、葉の切れ込みが浅い等、小型で丸みを帯びた印象の小型のホウオウゴケ です。
育てる際は、蓋付きの容器に水捌けの良い用土(小粒の赤玉土、富士砂、桐生砂等)で植え、直射日光を避け、霧吹きで水分を絶やさずに与えます。
入荷状態は良好。朔が多数出ていて楽しいです。

4/26 コウヤノマンネングサ・3本入りパック入荷しました。

DSCF6813
4/26 コウヤノマンネングサ3本入りパックを入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

◯コウヤノマンネングサ(5パック入荷 1パック¥460- コウヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属)

ボトル苔リウムの主役にピッタリな大型の苔です。直射日光を避け、霧吹きで朝晩に水分を与えて育てます。蓋付きの容器で湿度を調整しながら育てると、子株を出して増えますよ。今回の入荷状態は並程度です。最近の異常乾燥のためか、生育遅めです。葉の開き切っていない、小さな個体が多い感じです。

4/25 クラマシノブ入荷しました。

DSCF6805
4/25 クラマシノブ入荷しました。 1pot ¥880-
高さ10センチ程度の個体を3pot在庫しております。

紀伊半島以西に自生する着生性のシダ。トキワシノブのような根茎(コンケイ)から葉が出ています。入荷した個体は毛は生えていません。少し地味な灰色をしています。

空気中の水分を吸収しながら岩や樹木に着生しますが、桐生砂、富士砂、赤玉土等、水はけの良い用土で鉢植えしてもよく育ちます。

寒さに弱く、冬場は葉を落とし、休眠します。

4/25 コスギゴケ、久々入荷しました。

DSCF6799
4/25 コスギゴケ入荷しました。
量り売り苔コーナーに入荷です。16×9㎝の食品パックに何種類選んでも
1パック¥820-です。

楕円形の蒴が多数出見られ、とっても主張が強い感じです。
ボトルテラリウムレイアウトに加えてみてはいかがですか?

1、コスギゴケ:スギゴケ科・スギゴケ属 量り売り1パック ¥820-
高さ3~4㎝程度の、小さめなスギゴケの仲間。日陰〜半日陰の崖地、日向の河原等、多様な場所に群落を作ります。根が発達していて、根からも水分を吸収しているため、乾燥に比較的耐え、様々な生育条件に適応する苔と言われています。

蓋の出来る容器に水はけの良い用土を入れ、朝晩軽くキリフキで水分を与えながら育ててください。

4/24 動画 ATERA店員の週末日記 4月24日号 「ガラス容器内に肥料を添加する方法」を、YouTubeにアップロードしました。

DSCF6793
4/24 動画 ATERA店員の週末日記 4月24日号 「ガラス容器内に肥料を添加する方法」を、YouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 4月24日号 「ガラス容器内に肥料を添加する方法。」

前回に続き、ボトル苔テラリウム内の山野草、樹木に液体肥料を与える実験を地味に続けております。今回は、底に穴を開けた容器、穴の無い一般的な容器に、なるべく同程度の肥料を与える実験の様子をお送りしております。
暇を持て余している時であれば、見ても損しないと思います。

4/16 カサゴケ・ヒメ ホウオウゴケ・コウヤノマンネングサ入荷しました。

DSCF6692
4/16 カサゴケ(写真左)・ヒメ ホウオウゴケ(写真中央)コウヤノマンネングサ(写真右)入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

○オオカサゴケ(9パック入荷 1パック¥330- ハリガネゴケ科・カサゴケ属)
アジアに広く分布する、日陰の湿地にコロニーを作り生える苔です。似た種類のオオカサゴケとの違いは、葉縁のギザギザの数。オオカサゴケはギザギザが単性。カサゴケはギザギザが双生との事です。顕微鏡がないとわかりません。私見ですが、カサゴケの方が、オオカサゴケより大きくなるような気がします。状態は良好です。傘は3㎝くらいで少し大きめです。今回は、1~2本多目の大盛りでご提供いたします。

◯コウヤノマンネングサ(6パック入荷 1パック¥460- コウヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属)

ボトル苔リウムの主役にピッタリな大型の苔です。直射日光を避け、霧吹きで朝晩に水分を与えて育てます。蓋付きの容器で湿度を調整しながら育てると、子株を出して増えますよ。今回の入荷状態は並程度です。少しだけ、葉先に乾燥が見られる個体があります。

○ヒメホウオウゴケ(8パック入荷 ¥360- ホウオウゴケ科・ホウオウゴケ属)
アジアに広く分布する、沢沿いの樹木の幹等、日陰の湿めった場所に活着していることの多い苔です。葉の丸い感じ、2㎝程度の葉の大きさ、葉の切れ込みが浅い等、小型で丸みを帯びた印象の小型のホウオウゴケ です。
育てる際は、蓋付きの容器に水捌けの良い用土(小粒の赤玉土、富士砂、桐生砂等)で植え、直射日光を避け、霧吹きで水分を絶やさずに与えます。
入荷状態は良好です。今回は大盛りでご提供いたします。

4/16 動画 ATERA店員の週末日記 4月17日号 「草に肥料を与えたい!」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF6631
4/16 動画 ATERA店員の週末日記 4月17日号 「草に肥料を与えたい!」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 4月17日号 「草に肥料を与えたい!」

ボトル苔テラリウムに寄せ植えした山野草や、樹木に、液体肥料を与える方法を考えてみようと思います。苔、シダ等、肥料を必要としない植物だけを植えてお楽しみいただいているお客様には無用の情報になります。
もしお暇でしたらご覧いただければ。そのくらいの内容だと思います。

1/29  お知らせ。しばらくの間、オーダーメイドテラリウムの製作を取りやめさせていただきます。

DSCF3447
重要なお知らせです。
しばらくの間、オーダーメイドテラリウムの製作を取りやめさせていただきます。

コロナが流行って以来、一人で店を切り盛りしてきましたが、少々オーバーワーク気味でした。しばらくの間、オーダーメイドテラリウムの製作を休止、お店の充実に専念させていただこうと思います。

そう思った理由を動画にまとめました。

ATERA店員の週末日記 1月30日号 「小さなものが大好き!」

たいした動画ではありませんが、お暇を持て余している時、360度カメラを買おうと思っている方にはそこそこお楽しみいただけるのではと思います。

よろしくお願いいたします。

4/9 動画 ATERA店員の週末日記 4月10日号 「ATERA的、苔の虫除けトリートメント法」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF6550
4/9 動画 ATERA店員の週末日記 4月10日号 「ATERA的、苔の虫除けトリートメント法」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 4月10日号 「ATERA的、苔の虫除けトリートメント法」

動画アップロード滞ってすみませんでした。今回は、購入、採取などで入手した苔を植える前の下処理、ATERA的、虫除けトリートメント法をご紹介させていただきます。アリ、ゲジゲジ、小蝿、カビの発生リスクをかなり抑えることができます。少し面倒ですが、よろしければお試しください。

 

4/10 タマゴケ、シッポゴケ(小)入荷しました。

DSCF6621
4/10 タマゴケ、シッポゴケ(小)入荷しました。
量り売り苔コーナーに入荷です。16×9㎝の食品パックに何種類選んでも
1パック¥820-です。

今回入荷のシッポゴケ(小サイズ:高さ3~4㎝)は、少し乾燥気味で入荷しました。状態の良い部分を取り分けて計り売りさせていただきます。
タマゴケは状態良好、丸い朔をたくさんつけています。

1、シッポゴケ:シッポゴケ科・シッポゴケ属 
量り売り1パック ¥820-(2パック分在庫)
半日陰の森の中の腐葉土の上に見られます。直射日光、乾燥を避け、蓋付きの容器で保湿すれば育成は容易です。密生させすぎるとカビが発生し易い印象です。一番の特徴は暑さに耐える事です。真夏の暑さの中、一番最後まで生き残ったのがシッポゴケでした。

2.タマゴケ:タマゴケ科・タマゴケ属 
量り売り1パック ¥820-(6パック分在庫)
半日陰の湿った岩場等の腐葉土上に見られます。直射日光、乾燥を避け、蓋付きの容器で保湿すれば育成は容易です。春先に玉型の朔(胞子嚢)をお楽しみいただける可愛らしい苔です。

3/21 動画 ATERA店員の週末日記 3月20日号 「花物山野草、リベンジ!」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF6466
3/21 動画 ATERA店員の週末日記 3月20日号 「花物山野草、リベンジ!」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 3月20日号 「花物山野草、リベンジ!」

花物山野草と苔の共生を探っておりますが、なかなかうまく行きません。今回は、容器の条件を変えて、容器内の空気の湿度を変えようとする姿をお送りいたします。

3/12 動画 ATERA店員の週末日記 3月13日号 「苔育成装置と月末のイベント」をYouTubeにアップロードしました。

スクリーンショット 2021-03-12 23.17.36
3/12 動画 ATERA店員の週末日記 3月13日号 「苔育成装置と月末のイベント」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 3月13日号 「苔育成装置と月末のイベント」

3/27,28開催予定の生き物関連即売イベントに展示予定だった、苔育成装置の実験機にトラブル発生。寂しい成り行きに気持ちはすっかりドンヨリな感じです。そんなこんなの近況をご報告いたします。

3/6 今週の週末日記はお休みさせていただきます。

DSCF6152 (1)
3/6 今週の週末日記はお休みさせていただきます。

今月も、出張と、月末のイベントの準備のため、臨時休業日が多くなりそうです。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたします。
深くお詫びいたします。

週明けには、少し詳しい営業スケジュールをお知らせできるようにいたします。

何卒よろしくお願いいたします。

店員

上の写真は、穴を開けたガラス瓶で育成しているアッツザクラ。
花芽が今朝、しおれてしまいました。残念!

2/27 動画 ATERA店員の週末日記 2月27日号 「春だから、新芽の話。」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF6126
2/27 動画 ATERA店員の週末日記 2月27日号 「春だから、新芽の話。」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 2月27日号 「春だから、新芽の話。」

まもなく3月。開花の季節ですね。今週は、コウヤノマンネングサの子株の管理法を中心に考えてみました。内容が周知の事実、常識だったらごめんなさい。無知をお詫びいたします。

 

2/19 動画 ATERA店員の週末日記  2月20日号  「ビン底に穴を開けて1週間。」を、YouTubeにアップロードしました。

DSCF5960
2/19 動画 ATERA店員の週末日記  2月20日号  「ビン底に穴を開けて1週間。」を、YouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記  2月20日号  「ビン底に穴を開けて1週間。」

先週ご紹介いたしました、苔育成容器の底に穴を開ける実験の続報です。花が終わりかけて、勢いを失った以外は特に変化ありません。今後も定期的、長期的にレポートいたします。

2/13 動画 ATERA店員の週末日記 2月13日号 「穴、開けちゃうとどうでしょう?」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF5925
2/13 動画 ATERA店員の週末日記 2月13日号 「穴、開けちゃうとどうでしょう?」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 2月13日号 「穴、開けちゃうとどうでしょう?」

苔を育てる際に、ガラス製の密閉容器を使われる事が多いと思います。何故、苔の育成だけ、底に穴の無い容器がメインで使われるのでしょうか?容器に穴を開けて苔を育てると、どんな感じになるのでしょうか?実験開始の様子をお送りいたします。
2012/7/1 アテラホームページは7/1より当サイトに引越しました。これからもよろしくおねがいいたします。

モバイルサイト

アテラスマホサイトQRコード

アテラモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!