テラリウム製作・資材販売   ATERA

(株)アテラリサーチ 営業時間 13:00~17:00 (毎週木曜、定休。イベント・メンテナンス業務時等、稀に不定休) 

0000290213.jpg

HOME ≫

テラリウム製造販売、テラリウム素材各種取り扱い。テラリウムの専門店です。
PayPay・au pay・d払い・楽天ペイ スマホアプリ決済始めました

5/24(火)、25(水)、26(木)は、休業とさせていただきます。

5/24(火)、25(水)、26(木・定休日)は、出張メンテナンスのため休業とさせていただきます。

5/27(金)は、13:00〜19:00で営業させていただきます。

ご迷惑をおかけいたします。何卒よろしくおねがいいたします。

店員

近所にコインパーキングございます。

0000547710
近所にコインパーキングがございます。早稲田通りを渡った対岸に有り、徒歩30秒程、収容台数も11台と大変便利です。金額は、最長1日定額¥1,200-とリーズナブルです。

ご利用くださいますようお願い致します。

しばらくの間、オーダーメイドテラリウムの製作を取りやめさせていただきます。

しばらくの間、オーダーメイドテラリウムの製作を取りやめさせていただきます。

コロナが流行って以来、一人で店を切り盛りしてきましたが、少々オーバーワーク気味でした。しばらくの間、オーダーメイドテラリウムの製作を休止、お店の充実に専念させていただこうと思います。

よろしくお願いいたします。

5/23 ガラス蓋(時計皿)在庫情報。

DSCF3276
◉現在、取り扱いの時計皿
*ご使用予定の容器開口部の直径を確認の上、お買い求めください*


1.直径6㎝ 1枚 ¥260-   15枚在庫
2.直径7㎝ 1枚 ¥260-      7枚在庫
3.直径8㎝ 1枚 ¥260-    10枚在庫
4.直径9㎝ 1枚 ¥270-    15枚在庫
5.直径10㎝ 1枚 ¥300-    9枚在庫

上記5種類を取り扱っております。
その他のサイズの時計皿につきましては、魅力的な容器が新たに見つかりましたら増やしてゆこうと思っています。


常に在庫を心掛けておりますが、
品切れ時はご容赦ください。

よろしくお願いいたします。

5/23 苔・シダ在庫情報。コウヤノマンネングサ売り切れました。

DSCF2230
5/23 現在、在庫のコケ(写真を参考になさってください。)
上段左から、1,2.アラハシラガゴケ  3.シッポゴケ(短) 4.タマゴケ   5.ヒノキゴケ 
下段左から、6.スナゴケ  7.スギゴケ 8.コツボゴケ  9.シノブゴケ  10.ハイゴケ  


◯コケの量り売り 1パック ¥880-

 

1,2.アラハシラガゴケ(6パック分在庫。)

3.シッポゴケ(短)(2,5パック分在庫)

4.タマゴケ(2パック分在庫。朔は出ていません。)


5.ヒノキゴケ(1,5パック分在庫。)

6.スナゴケ(3,5パック分在庫。)

7.コツボゴケ(2,5パック分在庫。)


8.スギゴケ(2パック分在庫。

9.シノブゴケ(1,5パック分在庫。)
 

10.ハイゴケ(5パック分在庫。)
 

(1パックに何種類でも敷き詰めて¥880-です。)

*1パック:約16×9センチの食品用パックとなります。*


◯コケ・ミニパック売り
1.コウヤノマンネングサ(売り切れました。親株3本+子株2株おまけ付) 
 1パック ¥540-


 コウヤノマンネングサ・子株だけ3本パック
 (2パック在庫 1パック¥260-)


2,クジャクゴケ(売り切れました。)
フタ付き直径9㎝パック入り。1パック ¥480-

  
3,カサゴケ(売り切れました。) 1パック ¥360-
 

4,オオミズゴケ(ファーム栽培品 フタ付き7㎝パック入り) 1パック ¥310-(4パック在庫)

 

5,ヒメホウオウゴケ(売り切れました) 1パック ¥420-
*直径8センチの蓋付カップ入*


6.アオギヌゴケ (直径8㎝カップ入り  ¥220- 2カップ在庫)

7.ネズミノオゴケ(直径8㎝カップ入り  ¥260- 3カップ在庫)

8.ムチゴケ(直径8㎝カップ入り  ¥220- 2カップ在庫)

9.フデゴケ(直径8㎝カップ入り  ¥480- 4パック在庫。調子今一つです。)

 

動画「苔。」
↑上記タイトルをクリックすると動画をご覧になれます。よろしくお願いいたします。

 

 

5/22 現在の在庫シダ(もうしばらくの間、品薄になります。すみません。)

 

1.ダバリア フィジエンシス 1pot ¥330-(新入荷・6pot在庫)

 

2,トキワシノブ・Mサイズ   1pot ¥550-(3pot在庫)
 
トキワシノブ・Sサイズ 1pot ¥330-(残り1pot)

 

3,イノモトソウ  1pot ¥220-(売り切れました。)

4,カタヒバ(S) 1POT ¥550-(売り切れました。)

5,ベニシダ 1pot ¥330-(3pot在庫)

6,ベニシダ(Sサイズ) 1pot ¥220-(残り1pot)


7.イワデンダ 1pot ¥360-(2pot在庫。)
 



◯シダ・パック売り
1. ヒメマメヅタ 1パック ¥260-(売り切れました)
直径8センチの蓋付カップ入*


2,セラギネア 1パック ¥200-(長さ5㎝程度・6本入りです。4パック在庫)

3.レインボーファン 1パック ¥200-(長さ5㎝程度・6本入りです。4パック在庫)


4.コケシノブ ¥440-
(売り切れました。直径8㎝カップ入り)

5.ミズスギ(気難しいシダ) ¥880-(6パック在庫・2株+おまけ1本)


動画「羊歯(シダ)。」
↑上記タイトルをクリックすると動画をご覧になれます。よろしくお願いいたします。

5/21 着生シダ ダバリア フィジエンシス 6pot 入荷しました。1pot¥330-

DSCF2232
5/21 着生シダ ダバリア フィジエンシス入荷しました。1pot¥330-です。

フィジー諸島原産の、温暖・湿潤な気候を好む常緑着生シダです。
水はけの良い用土に植えて、葉にキリフキで湿度を与えて育ててください。
直射日光を嫌います。明るめの日陰、植物育成照明で育ててください。

着生シダですので、根を水苔、シノブゴケ、コツボゴケ等で包み、岩、流木に
糸で結んで育てることも可能です。

温暖な地方原産の植物ですので、寒い季節は室内で育ててください。

5/18 熱帯魚と生き物のイベント・AQUARIUM TOKYO イベントレポートをYouTubeにアップロードしました。

スクリーンショット 2022-05-18 11.25.26
5/18 熱帯魚と生き物のイベント・AQUARIUM TOKYO イベントレポートをYouTubeにアップロードしました。

AQUARIUM TOKYO Vol.2 イベントレポート

2022年3月26,27日の2日間、東京・新宿の住友ビル三角広場で開催されました、国内最大級の熱帯魚と生き物マーケット、アクアリウム東京in新宿(AQUARIUM TOKYO Vol.2)の模様です。当店は、ステージショーのお手伝いで参加させていただきました。

お暇の折にご覧いただければと思います。よろしくお願いいたします。

5/15 動画 ATERA店員の週末日記 5月15日号 「検証。アナアキ・ボトルの生育状況」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF2173
5/15 動画 ATERA店員の週末日記 5月15日号 「検証。アナアキ・ボトルの生育状況」をYouTubeにアップロードしました。
色々、樹木に問題が発生し、1週間遅れのアップロードとなりました。すみません。

動画 ATERA店員の週末日記 5月15日号 「検証。アナアキ・ボトルの生育状況」

昨年8月よりスタートしましたアナアキ・ボトルを使用した、苔と樹木の寄せ植えテラリウムの生育状況をレポートいたします。例年、梅雨時に枯れることの多いテラリウム内の樹木の、弱る原因を検証しながら、梅雨を乗り切る対策を考えてみました。

5/6 ヒメホウオウゴケ・10パック入荷しました。1パック¥420-

DSCF1950
5/6 ヒメホウオウゴケ入荷しました。
お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。


○ヒメホウオウゴケ(10パック入荷 1パック¥420- ホウオウゴケ科・ホウオウゴケ属)
アジアに広く分布する、沢沿いの樹木の幹等、日陰の湿めった場所に活着していることの多い苔です。葉の丸い感じ、2〜3㎝程度の葉の長さ、葉の切れ込みが浅い等がヒメホウオウゴケの特徴です。
育てる際は、蓋付きの容器に水捌けの良い用土(小粒の赤玉土、富士砂、桐生砂等)で植え、直射日光を避け、霧吹きで水分を絶やさずに与えます。
入荷状態は良好です。朔もちらほら見られます。

5/4 小型テラリウムにオススメ、小さな流木入荷。価格¥200〜450-

DSCF1926
5/4 小型テラリウムにオススメ、小さな流木入荷しました。
価格 1個 ¥200〜450-です。

大きさは10㎝前後。小さな容器にもセットしやすい大きさです。
水中での使用はお勧めできません。小さすぎて浮いてしまう可能性大です。

熱湯で煮沸殺菌済みですが、流木はカビが発生しやすい傾向があります。流木は取り外し式の配置にして、毎日、竹酢液等、生体に害の無い除菌剤を吹きかけると綺麗に維持できますよ。


 

5/4 タマゴケ、計り売りコーナーに3パック分入荷しました。

DSCF1923
5/4  タマゴケ3パック分、量り売り苔コーナーに入荷しました。
16×9㎝の食品パックに何種類選んでも1パック¥880-です。

タマゴケ:タマゴケ科・タマゴケ属 
量り売り・ ¥880-(3パック分在庫)

半日陰の湿った岩場等の腐葉土上に見られます。直射日光、乾燥を避け、蓋付きの容器で保湿すれば育成は容易です。半数程度の株から、緑色の朔(胞子嚢)が出ています。春になるにつれ、褐色に色付いてゆくと思います。

4/29 ミズスギ(育成が難しいシダ)9パック入荷しました。2株+おまけ1 ¥880-

DSCF1866
4/29 ミズスギ(育成が難しいシダ)9パック入荷しました。
背の高さ10㎝前後のミズスギが、蓋付きのプラカップに2株+おまけ1本入って1パック¥880-です。

ミズスギ(ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属 常緑シダ)
伊豆以西に見られる常緑のシダ。湿った地面、湿った空気を好みます。当店では、少しだけ通気をした、蓋付きの容器での育成の成功率が高いです。直射日光を避けた、人工照明下で育てておりますが、日向を好むという説もあります。当店では、直射日光下では枯れてしまいました。

用土は、赤玉土:1+富士砂SS:1+桐生砂SS:1の貧栄養で通気の良い用土をベースに、ソイルを混ぜたり、日向土を混ぜたり、数種類の用土を実験中です。

育て始めて3年経過しましたが、未だ試行錯誤中です。こんな感じでもよろしければ、ご覧になってください。カワイサさは保証いたします。

4/24 動画 ATERA店員の週末日記 4月23日号 「日向土を試す。その2、アナアキ・ボトル編」を、YouTubeにアップロードしました。

DSCF1859
4/24 動画 ATERA店員の週末日記 4月23日号 「日向土を試す。その2、アナアキ・ボトル編」を、YouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 4月23日号 「日向土を試す。その2、アナアキ・ボトル編」

苔育成用土セットに使用している富士砂Mサイズを、日向土の中サイズに置き換え可能かどうか?テストの2回目は、アナアキ・ボトルに使用し、日向土の排水性テストの模様を、1日遅れでおおくりいたします。

4/24 イワデンダ(夏緑性シダ)4ポット入荷しました。1ポット¥360-

DSCF1862
4/24 イワデンダ(夏緑性シダ)4ポット入荷しました。1pot¥360-です。

直径6㎝のプラ鉢に小分けしてあります。背は10~15㎝ありますが、小さな容器にも植えやすい大きさです。

イワデンダ(イワデンダ科イワデンダ屬 夏緑性シダ*冬は葉を落とし休眠*)

アジア原産。日本にも広く自生する冬休眠するシダです。岩場の窪みに溜まった土等、水捌けの良い、明るめの場所に生えています。

蓋付きの容器の苔テラリウムに植える際は、少し蓋をあけて、通気する時間帯を作った方が成長しやすいです。葉が増えたら株分けで増やせます。

4/18 動画、ATERA店員の週末日記4月18日号「日向土って、どうでしょう?」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF1733
4/18 動画、ATERA店員の週末日記4月18日号「日向土って、どうでしょう?」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記4月18日号「日向土って、どうでしょう?」

先週末にご覧いただく予定の動画を遅れてアップロードしています。すみません。最近、溶岩石、富士砂の品質が安定しません。そこで、富士砂に変えて使用可能な苔育成用土を物色してみました。すごくお暇でしたら、ご覧いただければと思います。

4/13 スナゴケ2パック分入荷。けっこうキレイです。量り売りコーナー1パック¥880-

DSCF1605
4/13  スナゴケ2パック分、量り売り苔コーナーに入荷しました。
16×9㎝の食品パックに何種類選んでも1パック¥880-です。

スナゴケ:ギボウシゴケ科・シモフリゴケ属 
量り売り・ ¥880-(2パック分入荷・4パック分在庫)

森の中の木漏れ日の差し込む岩場の上等、日当たり、水はけの良い涼しい場所を好みます。密生してコロニーを作りますが、容器に植える場合は極端な密生を避けて、少し隙間を開けて植えるとカビにくくなります。1日30分程度の日光浴、30分程度の、蓋を開けた通気もカビ予防に効果的です。

4/8 クジャクゴケを6パック入荷しました。1パック¥480-

DSCF1598
4/8 クジャクゴケ、6パック入荷しました。

直径9センチの蓋付きプラカップに、コツボゴケに囲まれた感じで入っています。


クジャクゴケ:クジャクゴケ科・クジャクゴケ属 1パック ¥480-
湿度の高い、半日陰を好むコケ。クジャクの羽のように扇型に立ち上がって成長します。背の高さは3~4㎝程度と小型なので、小さな容器で苔テラリウムをお楽しみいただく際のアクセント的な使い方がおすすめです。

高温に弱いので、日向には置かないでください。ボトル等、密閉空間では腐りやすい印象の少々育てるのが難しい苔です。霧吹きで水分を与えながら、少し通気したボトルで育てると枯れ難い印象です。

4/8 コツボゴケ2パック分、量り売りコーナーに入荷しました。1パック¥880-です。

DSCF1603
コツボゴケを2パック分、量り売り苔コーナーに入荷しました。
16×9㎝の食品パックに何種類選んでも1パック¥880-です。


コツボゴケ(チョウチンゴケ科ツルチョウチンゴケ属)計り売り・¥880-(2パック分入荷)
半日影〜日陰で、涼しく湿度の高い条件を好みます。
涼しい部屋の直射日光の届かない明るめの場所で、蓋付きの容器で
育てれば、長期間、透明感のあるキャンディーグリーンを楽しめます。

今回入荷のコツボゴケは、直立性の株が多めです。

動画 ATERA店員の週末日記 4月2日号 「コートジボワールテラリウムの21日後」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF1566
動画 ATERA店員の週末日記 4月2日号 「コートジボワールテラリウムの21日後」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 4月2日号 「コートジボワールテラリウムの21日後」

3週間前にご紹介しました、コートジボワールの自動車レースを模した自己満足マシマシの苔テラリウム。植えていた植物にガッカリな異変が発生しました。今回は、その恥ずかしい顛末をお送りいたします。

4/3 植物のページ、数年ぶりに更新しました。

DSCF1568
4/3 植物のページ、数年ぶりに更新しました。

ずっとサボり続けておりました、植物のページを、数年ぶりに更新させていただきました。
新緑の季節を迎えました、販売中の樹木をご紹介させていただいております。

実生の苗木を中心としたテラリウム、アクアテラリウムに使いやすい小型の樹木をお求めやすい価格で販売しております。テラリウムにご使用になられる場合は、用土、日照条件等、少々コツが必要となります。店員までお訊ねください。よろしくお願いいたします。

3/30 ヒメマメヅタ、10パック入荷しました。 1パック¥260-

DSCF1505
3/30 ヒメマメヅタ入荷しました。1パック ¥260- / 10パック入荷

ボトルテラリウムの脇役にピッタリ。匍匐性の小型シダです。
直径8センチの蓋付きプラカップに入っています。
葉の大きさは、1~2㎝程度でバラツキがあります。写真をご参照ください。


ヒメマメヅタ:ウラボシ科・マメヅタ属の常緑シダ。
ランナーで、蔓上に連なって成長します。
マット状に密生しています。必要な分量をハサミ、手で外して、苔の上や石の上に密着させます。根が張るまではキリフキで水分を軽く与えてください。

3/29 ツヤゴケ3パック分、入荷しました。計り売りコーナー、1パック¥880-(16×9㎝の食品パック)

DSCF1501
3/29 ツヤゴケを3パック分入荷しました。

匍匐して黄褐色のマット状に成長する苔です。
量り売り苔コーナーに入荷です。16×9㎝の食品パックに何種類選んでも1パック¥880-です。

1、ツヤゴケ:ツヤゴケ科・ツヤゴケ属 量り売り1パック ¥880-
先端を枝状に分岐させながらマット状に匍匐する苔。渓流沿いの岩、倒木の上等、湿潤な日影〜半日影にコロニーを作ります。空気中の水分は好みますが、密閉されると徒長しやすく、蓋付きの容器での育成時は、蓋を少し開けて、通気させると美しく育ちます。

3/19 動画 AQUARIUM BUS Vol.28 イベントレポート&AQUARIUM TOKYO Vol.2告知を、YouTubeにアップロードしました。

poster
3/19 動画 AQUARIUM BUS Vol.28 イベントレポート&AQUARIUM TOKYO Vol.2告知を、YouTubeにアップロードしました。

AQUARIUM BUS Vol.28イベントレポート&AQUARIUM TOKYO Vol.2告知

当店が、記録映像撮影のお手伝いをしているイベントです。
お暇のオリにお目通しいただけますと幸いです。

動画の内容
3/13(日)、東京、浅草で行われた生き物関連即売イベント、アクアリウムバスVol.28のレポートです。動画の後半は3/26-27、東京、新宿の住友ビル三角広場で行われる国内最大級の生き物マーケット、アクアリウム東京の告知です。イベントに出演いただく、生き物系YouTuber、「ちゃんねる鰐」の鰐さんにイベントの見どころについてお話をいただきました。

3/19 コウヤノマンネングサ3本入りパック。3パック入荷しました。1パック¥540-

DSCF1451
3/18 コウヤノマンネングサ3本入りパック。3パック入荷しました。
子株が2本、おまけ付。合計6パック在庫しております。


苔の状態は、まずまず、です。高さ3~5㎝程度の小型なものが中心です。

いつも通り、お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

◯コウヤノマンネングサ(3パック入荷 合計6パック在庫・1パック¥540- コウヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属)

ボトル苔リウムの主役にピッタリ。ヤシの木を思い出させる、愛らしい姿の大型の苔です。直射日光を避け、霧吹きで朝晩に水分を与えて育てます。蓋付きの容器で湿度を調整しながら育てると、子株を出して増えますよ。

3/12 動画 ATERA店員の週末日記 3月12日号「春を迎えたもの、迎えないもの。」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF1179
3/12 動画 ATERA店員の週末日記 3月12日号「春を迎えたもの、迎えないもの。」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 3月12日号「春を迎えたもの、迎えないもの。」

3月に入り、店内の植物は続々と、春の装いを始めました。一方、コウヤノマンネングサ、カサゴケ等、大型の苔の産地の多くは、未だ雪に覆われて、出荷数、品質が安定しない状態です。そこで今回は、(今回も?)自分の大好きな物を主人公に見立てて、ドップリと自己満足に浸ってみようと思います。


 

3/9 コウヤノマンネングサ・子株だけ3本入りパック。6パック入荷しました。1パック¥260-

DSCF1127
3/9 コウヤノマンネングサ・子株だけ3本入りパック。6パック入荷しました。
自家栽培のコウヤノマンネングサの子株を3本、苔育成用土で植え、ハイゴケでグランドカバーしています。

苔の状態は良好です。高さは3~5㎝程度です。

美しい、親株のコウヤノマンネングサが、潤沢に入荷できる様になるまで、あと1~2ヶ月かかりそうです。その間、子株をメインに販売させていただきます。

いつものとおり、お持ち帰りしやすい、蓋付きカップ(直径8㎝)に入っています。

◯コウヤノマンネングサ・子株だけ3本パック(6パック在庫。1パック¥260- コウヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属)
小さな容器のボトル苔リウムにピッタリ。店内で育てたコウヤノマンネングサの子株です。直射日光を避け、霧吹きで朝晩に水分を与えて育てます。蓋付きの容器で湿度を調整しながら育ててください。

3/7 トキワシノブ入荷しました。(M/Sサイズ)1pot M・¥550-  S・¥330-

DSCF1112
3/7 トキワシノブ Mサイズを3ポット、Sサイズを5ポット入荷しました。
背の高さは5~10㎝程度。気根が2~3本植えてあります。
価格は、Mサイズ1pot¥550-、Sサイズ1pot¥330-になります。

気根の長さでM(7㎝程度)とS(4㎝程度)に分けました。
今回入荷のトキワシノブは、葉の分岐が細かく、繊細な印象です。
苔と一緒に、ボトルテラリウムに寄せ植えすると楽しそうです。

トキワシノブ (中国原産:シノブ科・キクシノブ属 常緑シダ)
アジア各地に広く自生するシダ。日陰〜半日陰の湿った樹木の幹、岩に着生します。
常緑性ですが、猛暑の時期に葉を落とす場合がありますので、直射日光を避けた涼しい場所で育ててください。テラリウムに使用する際は、シノブゴケ、ハイゴケ、コツボゴケ等、マット状の苔に巻いて、岩、流木に結びつけます。赤玉土・桐生砂等、水はけの良い用土で植える事も出来ます。

2/26 動画 ATERA店員の週末日記 2月26日号 「食べ残しのワサビ、その後」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF1074
2/26 動画 ATERA店員の週末日記 2月26日号 「食べ残しのワサビ、その後」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 2月26日号 「食べ残しのワサビ、その後」

1/6、正月に食べ残したワサビで作った、ワサビテラリウムのその後の様子をご紹介いたします。なんと言うか、結構困った状況です。

2/25 シッポゴケ(短)、2パック分、計り売りコーナーに入荷しました。

DSCF1108
2/25 シッポゴケ(短)、少量ですが2パック分入荷しました。
シッポゴケ(長・在庫1パック分)と併売させていただいております。

葉の長さで、短、長と分けさせていただいております。葉の短い方が栃木産、葉の長い方が静岡産。産地違いで姿も若干異なりますが、両方シッポゴケです。

量り売り苔コーナーに入荷です。16×9㎝の食品パックに何種類選んでも
1パック¥820-です。


シッポゴケ(短):シッポゴケ科・シッポゴケ属 
量り売り1パック ¥880-(2パック分在庫)

半日陰の森の中の腐葉土の上に見られます。直射日光、乾燥を避け、蓋付きの容器で保湿すれば育成は容易です。密生させすぎるとカビが発生し易い印象です。一番の特徴は暑さに耐える事です。真夏の暑さの中、一番最後まで生き残ったのがシッポゴケでした。

2/19 動画 ATERA店員の週末日記 「細い小川の流れるテラリウム、三週間後の様子」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0997
2/19 動画 ATERA店員の週末日記 「細い小川の流れるテラリウム、三週間後の様子」をYouTubeにアップロードしました。

2/19 動画 ATERA店員の週末日記 「細い小川の流れるテラリウム、三週間後の様子」

以前ご覧いただきました細い小川の流れるテラリウムの、3週間経過後の様子をご紹介します。割と、問題続出しています。

2/11 動画 ATERA店員の週末日記 2月12日号 「ジオラマ風苔リウムの蓋を作る。」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0912
2/11 動画 ATERA店員の週末日記 2月12日号 「ジオラマ風苔リウムの蓋を作る。」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 2月12日号 「ジオラマ風苔リウムの蓋を作る。」

先週に続き、GEXグラスアクアリウムキャンドルを改造して作る、鉄道ジオラマ風苔リウムをやります。今回は、完成した苔テラに、ガラス製の蓋を作る話です。特殊な工具を必要とする作業になりまして、恐らく何の参考にもならない内容かもしれません。完全な自己満足企画です。
暇で仕方がない場合は、楽しくご覧いただけるかと思います。
よろしくお願いいたします。

2/5 動画 ATERA店員の週末日記 2月5日号 「接着剤を使わずに作る、ジオラマ的苔テラリウム」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0810
2/5 動画 ATERA店員の週末日記 2月5日号 「接着剤を使わずに作る、ジオラマ的苔テラリウム」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 2月5日号 「接着剤を使わずに作る、ジオラマ的苔テラリウム」

特別な工具、接着剤を使わずに、石組みで地形を作るジオラマ風、苔テラリウムの作り方をご紹介いたします。プラモデル作りの道具と根気があれば誰でも作れる内容です。時間はかかりましたが可愛らしいものが仕上がりました。是非チャレンジしてみてください。楽しいですよ。


 

1/30 動画 ATERA店員の週末日記 1月30日号「小川テラリウム完成しました。」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0674
クラッシュしたPCを復旧しましたが壊れる寸前。騙し騙し稼働させています。新PCが届くまで、動画は不定期アップロードとさせていただきます。

動画 ATERA店員の週末日記 1月30日号「小川テラリウム完成しました。」

小川テラリウム(改)の最終回です。前回露呈しましたヒーターの能力不足の改善から、完成まで一気にご覧ください。

1/22 動画 ATERA店員の週末日記 1月22日号 「お店が寒すぎて、どうにもなりません。」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0492
1/22 動画 ATERA店員の週末日記 1月22日号 「お店が寒すぎて、どうにもなりません。」をYouTubeにアップロードしました。

ATERA店員の週末日記 1月22日号 「お店が寒すぎて、どうにもなりません。」

先週に続き、小川テラリウムの完成を目指します。東京に強い寒波がやってきました。コロナ対策で窓を開け放った店内の気温は14℃。テラリウム内の20Wヒーターの能力の限界を超え、水温が上がりません。困った!今週は、ヒーターの機能確認と、小さな植物を植え込む様子をお送りいたします。

1/15 ATERA店員の週末日記 1月15日号 「小川テラリウムに樹木を植えます。」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0290
1/15 ATERA店員の週末日記 1月15日号 「小川テラリウムに樹木を植えます。」をYouTubeにアップロードしました。

1/15 ATERA店員の週末日記 1月15日号 「小川テラリウムに樹木を植えます。」

先日、水浸しになったベース地層の改修も終わり、樹木の植え込みに入ります。今回は、ササッと作業の流れをご覧いただけるようなダイジェスト版にまとめてみました。

1/7 動画 ATERA店員の週末日記 1月8日号 「大雪、山葵」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0231
1/7 動画 ATERA店員の週末日記 1月8日号 「大雪、山葵」をYouTubeにアップロードしました。

1/7 動画 ATERA店員の週末日記 1月8日号 「大雪、山葵」

1/6 東京人の腰を抜かすには十二分の大雪が降りました。当店ご来店のお客様も0人。残念がってもいられませんので、クリスマス用に作った小さなボトルテラリウムを、正月の食べ残しを使って作り直すこととしました。
その様子の記録です。

*重要で無いお知らせ*
6年間愛用しているPCが瀕死状態です。新型を発注しましたが、納品が1ヶ月後となりました。
PCが壊れたら、動画のアップロードはしばらくお休みさせていただきます。

よろしくお願いいたします。 店員

9/26 アナアキ・ガラスフタ販売開始しました。

DSCF0458
9/26 アナアキ・ガラスフタ販売開始しました。
穴をあけたボトルテラリウム用のガラスフタです。
伸びすぎてしまったシダ、山野草、樹木の枝を穴から外に逃すことができます。

蓋の直径は70mm,80mm,90mm,100mmの4サイズ。穴の直径は18mmです。

90mm,100mmサイズに関しましては2つ穴タイプを製作しました。
穴の大きさは、直径18mmと12mmの2サイズを設定しております。
幹の細い植物には、小穴タイプをご使用ください。

サイズ、価格は以下の通りです。
アナアキ・ガラスフタ サイズ・価格表
(ストッパーゴム足×4、説明書付属)

1.70mm(18mm1穴) ¥1,090- 在庫3

2.80mm(18mm1穴) ¥1,090- 在庫3

3.90mm(18mm1穴) ¥1,100- 在庫3
4.90mm(18mm2穴) ¥1,600- 在庫3
5.90mm(12mm2穴) ¥1,600- 在庫2

6.100mm(18mm1穴) ¥1,210- 在庫3
7.100mm(18mm2穴) ¥1,760- 在庫3
8.100mm(12mm2穴) ¥1,760- 在庫2

完全手作りのため、在庫が少なめです。売り切れの際はご容赦ください。
詳しくはYouTube動画をご覧ください。

9/17 動画 ATERA店員の週末日記 9月18日号 「アナアキ・ガラスフタ、続報」をYouTubeにアップロードしました。

DSCF0334
9/17 動画 ATERA店員の週末日記 9月18日号 「アナアキ・ガラスフタ、続報」をYouTubeにアップロードしました。

9/17 動画 ATERA店員の週末日記 9月18日号 「アナアキ・ガラスフタ、続報」

PC不調で、1週間遅れのアップロードです。ボトルテラリウム用の、成長して、背の高くなった植物を容器の外に逃すための「穴」をあけたガラスフタ、アナアキ・ガラスフタの続報をお送りいたします。

9/15 テラリウム製作にオススメ、「はり付け石」 販売再開しました!

0000338741.jpg
はり付け石 100g ¥200-)
注)はり付け石はphに敏感な生体の飼育には向いておりません。

渓流で採取した堆積岩(砂、礫が堆積し、層を成した岩。)の中から、テラリウム製作に扱いやすい大きさ(5〜10㎝)のものを選り抜きました。

自然な淡い色合い(ブルーグレー・赤・黄等)に見えるのが特徴。テラリウムの陸地に、落ち着いた彩りを醸し出します。


はり付け石を用いたテラリウムの動画
Turtle aqua terrarium:tar tar 300/450


0000338743.jpg
「はり付け石」の最大の特徴はその厚みです。
堆積岩を、
0,5〜2㎝程の厚さに加工してあり、岩肌を少ない接着箇所で製作する事が可能となります。ハンマーやペンチでお望みの形に加工する事も容易に行えます。

発泡スチロールで製作した地形に接着するだけで、切り立った断崖、なだらかに流れる滑滝の川床等、一枚岩風の地形を作る事ができます。



地形作り、石の貼り方の参考動画(沢の石Sを使用しているものです。)
0000338744.jpg
左の写真は、20×30センチのトレーに「はり付け石」を敷き詰めた様子です。こちらの分量で1,5kg、価格¥3,000-(税込)となります。参考になさってください。

*ご来店の際は、お好みの石を必要な分だけお選びになってご購入いただけます。

*通販ご希望の際は、様々なサイズ、色合いの「はり付け石」を当店で詰め合わせて発送いたします。必要な分量(kg)をお知らせください。
0000338745.jpg
「粘板岩」も、1〜2㎝程の厚さに加工してあります。(貼り付け石より、少し厚めのものが多いです。)

ハンマーやペンチでお望みの形に加工してお使いください。


20×30センチの範囲をカバーする「粘板岩」の分量も、おおよそ1,5kg、価格¥1,500-(税込)となります。
0000338750.jpg
従来から販売しております「沢の石」Sサイズ(100g/¥150-•税込)で、20×30センチの範囲をカバーする分量も調べてみました。
注)沢の石はphに敏感な生体の飼育には向いておりません。

分量は約1kg、価格¥1,500-となりました。

荒々しい岩肌、渓流の川床を作る際には「沢の石」がオススメです。貼り付けるのが結構大変ですが、こちらも同様にお願いいたします。

テラリウム製作に最適!沢の石、室庭の土、量り売り。

0000227937.jpg
テラリウム用「沢の石」S.M.L各種
(100g/¥150-•税込)
*Sサイズ 20~30mm
*Mサイズ   50~60mm
*Lサイズ 80~100mm

注)沢の石はphに敏感な生体の飼育には向いておりません。


ハイドロボールS.M.L各種
(500ml/¥200-•税込)
注)ハイドロボールはph6.8~7付近で安定します。

それぞれ必要な分量だけ量り売り致します。


テラリウムの作り方をご説明するする動画のご紹介。


「作ってみよう!滝の流れる小さなテラリウム。」

「HYDRO BALL」
↑上記タイトルをクリックすると動画をご覧になれます。

流木や観葉植物を使わずに、石、ハイドロボール、盆栽苗で簡単にミニテラリウムを製作する過程をザックリとご紹介しております動画です。おヒマなおりに是非ご覧になってみてください。

1,オーダーメイドテラリウム「室庭」

「テラリウム」ってどんなもの?
バスコダガマ、コロンブスが活躍した大航海時代、その航海には常に植物収集家、「プラントハンター」が同行していたといわれています。彼らは新天地で採取した珍しい植物、香辛料の苗等を、枯らす事無く故郷に持ち帰る為に、木製、ガラス製の様々な植物育生容器を考案したそうです。採取した植物が好む土壌や光合成を維持し、帰りの航海の潮風から植物を守る植物育生容器。これらのものが後に植物を育生する趣味へと進化して、テラリウムと呼ばれるようになりました。

「室庭」ってどんなもの?
これらの植物育生容器に、「川の流れ」「魚の住む湖」等の動きのある自然景観をプラスしたものがアテラオリジナルテラリウム「室庭」です。
照明器具、アクアリウム用クーラー、循環ポンプで植物、生物が好む環境を水槽内に再現。お部屋の中で植物育生、熱帯魚飼育をお楽しみいただけます。

←詳しくは写真をクリック!

ご来店案内/通販について

東京、杉並区の住宅地にある小さなアクアテラリウム専門店です。通販のご説明、アクセスマップのご案内です。

←詳しくは写真をクリック

最新情報

モバイルサイト

アテラスマホサイトQRコード

アテラモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!